当事務所の料金設定についての考え方

  料金についての考え方

         当事務所の料金設定は、比較的リーズナブルな設定になるように心がけています。
         これは、料金を設定する基準を「自分ならこの金額なら外注する」と思える金額で設定す 
         る様にしていることが、その理由です。

               もちろん、当事務所より低い価格帯で設定されている事務所もあります。
         しかし、サービスの質を維持した上で、事務所経営を考えて料金設定する必要もあります。

         小回りの利いたサービスを提供し、且つ、出来るだけ初期投資を抑えて頂けるように10人
         以下(役員、職員、パートの総数)の顧問契約には給与計算を無料の付加サービスとしてい
         ます

         WIN−WINの関係になれるよう、全力を尽くして行く所存です。

         具体的料金設定に関しては下記をご覧下さい。

         →指定申請及び顧問料金(顧問契約+給与計算)はコチラ
         →就業規則作成・見直しの料金はコチラ
         →給与計算事務料金(顧問契約なしの場合)についてコチラ
         →各種諸手続の料金はコチラ
         →介護職員処遇改善加算関係の申請料金はコチラ
         →介護保険請求事務代行の料金はコチラ
         →紛争解決手続代理業務の料金はコチラ


  顧問契約について

         当事務所は基本的には顧問契約をお勧めしております。これはスポット業務に力を入れて
         いないという訳ではありません。(スポット業務においてもモチロン全力で業務を遂行致しま
         す)

          私の個人的な見解ですが、介護事業所において労務管理は日常業務の基幹となるため、
         社会保険労務士の関与は必須であると考えています。

         どの業種であっても、労務管理の停滞は許されないのですが、特にデイサービス・訪問介護
         においては、職員のサービスの質の向上利用者様満足度充実、または、介護事業所とし
         ての存続(許認可 等)に直結するのが労務管理です。

         顧問契約により継続的なフォローを行うことで、トラブルを未然に防ぐことができると考えて

               おります。トラブルが発生して後に、ご連絡頂いた場合の対応には限界があります。

               このような考えに基づいて、顧問契約を少しでも利用しやすくできるように顧問契約の有無で
        料金に差を設けております。ご理解頂ければ幸いです。


  料金についてのご相談について 

        
当事務所では何が何でも「料金を固定的に考える」というスタンスではありません。

         従って、ほとんどの料金表の下部には・・・

         「料金についてはご相談下さい、協議により正式に決定いたします。
         →お問合せはコチラ

         という文言が入っていると思います。
         お気軽にお問合せ頂ければ、親切、かつ丁寧に対応することをお約束します。

         ただ、当事務所は価格帯が元々リーズナブル(特に10人以下の人員体制)なため、設定料
          金を大幅に下げることはできないことは、
ご了承下さい。
                  
         詳しくは下記の当事務所のサービス一覧で内容と料金をご確認下さい。

介護事業コンサルティング
 
助成金申請代行
 
就業規則作成・見直し
         
         

デイサービスや訪問介護などの立ち上げまでの流れや料金、また顧問契約についてのご案内。

→ 詳しくはこちらへ

 

開業時や社員雇入れの際になどに伴い助成金を活用するこは、介護事業を行う上で大切です。

→ 詳しくはこちらへ

 

デイサービスや訪問介護向けの就業規則を作成することは事業成功において重要なポイントです。

→ 詳しくはこちらへ

 

給与計算代行
 
労務管理
 
その他サービス
         
         

煩わしい給与計算業務はアウトソーシングして、本業に専念することをお勧め致します。

→ 詳しくはこちらへ

 

労務管理についての相談や労働社会保険などの諸手続などについてのスポット業務の内容です。

→ 詳しくはこちらへ

 

介護職員処遇改善加算や介護保険請求事務の処理や紛争解決手続などの業務に関するご案内をしております。

→ 詳しくはこちらへ

 

▲このページのトップに戻る